ヘリコプター

サイトマップ
自然と癒し!信州安曇野の旅

ヘリコプターの旅

TOPページ北アルプス登山情報白馬登山>ヘリコプターで北アルプスを望む>八方池から白馬三山を望む立山黒部アルペンルート(雪の大谷)新穂高ロープウェイ東鎌尾根を通って(表銀座1日目)東鎌尾根を通って(表銀座2日目)東鎌尾根を通って(表銀座3日目)東鎌尾根を通って(表銀座4・5日目) >晩秋の涸沢(テント泊1日目)晩秋の涸沢(テント泊2日目)>晩秋の涸沢(テント泊3・4日目)>憧れの槍・穂高縦走(1日目)>憧れの槍・穂高縦走(2日目前編>憧れの槍・穂高縦走(2日目後編)憧れの槍・穂高縦走(3・4日目)>紅葉の天狗原(1・2日目)紅葉の天狗原(3・4日目)
              

ヘリコプターで秋の北アルプスを望む

    

 2008年10月13日に、ヘリコプター(東邦航空)で北アルプス散策に行きました。毎年、安曇野市堀金にある温泉「ほりでーゆ〜」の企画で、春と秋にヘリコプターによる北アルプスの遊覧飛行が行われます。
 大人一人15000円(小人12000円)ですが、温泉「ほりでーゆ〜」からマイクロバスが出て、25分くらい登った所にあるヘリポートから出発です。定員5名のヘリコプターですが、ゆったりと乗ることができます。飛行時間は15分ですが、感動の時間が味わえます。帰りにマイクロバスが延命水という地下水が湧き出ているところによってくれます。おいしい水が飲めます。ペットボトルを持って行くと延命水を持ち帰ることもできます。問い合わせは「ほりでーゆ〜四季の郷 п@0263-73-8500」です。総合受付【ほりでーゆ〜四季の郷】⇒(専用マイクロバス約25分)⇒【大平原へリポート】⇒(フライト約15分)⇒専用マイクロバスにて湧き水場【延命水】立ち寄り⇒【ほりでーゆ四季の郷】(解散)
 スポンサードリンク


じゃんけんで座る場所を決めます。運良く最初に勝ったので前に座りました。】

 5人乗りのヘリコプターなのですが、座る席はじゃんけんで決めました。何故か、運良く私が最初に勝ってしまったので、前の席にしました。操縦席の横です。見晴らしが良かったです。
 今日は秋晴れ、どんな景色が見られるか楽しみでした。紅葉も素晴らしく素晴らしい経験ができそうです。 

登山者が沢山いました。山小屋(蝶ヶ岳ヒュッテ?)も綺麗でした。

【槍ヶ岳

               
 [下の画像はカシミール3Dで作成しました。]


ヘリコプターの高度が上がり、北アルプスの前山の背後から、槍ヶ岳が見えてきたときの感動、最高でした。北アルプスの素晴らしいパノラマです。一緒に乗った名古屋の婦人が、「あの山は…」と説明してくれました。南には富士山の頭が見えました。
     
  【恐ろしや!恐ろしや!泣く子も黙る穂高の山々】
   
すごいの一言!あの稜線を行く登山隊がいるんですね。私は槍までは行ったことがあるのですが、穂高連邦を味わったことがありません。年も年なのでもう無理かと思いますが、いつか挑戦するチャンスが巡ってきたら登ってみたいと思っています。
  
【穂高連邦】

                     [下の画像はカシミール3Dで作成しました。]


素晴らしいフライトでした。今度は春の残雪残る北アルプスを堪能してみたいと思っています。また他の企画(セスナ機など)、もう少し上空から見てみたいと思います。
 予約がいるかもしれませんが、私の場合、たまたま、朝、天気が良かったので、「ほりでーゆ〜」に電話をしたら、乗れますよということで、予約もなく乗ってきました。まずは電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。                    
                   
コンテンツページ
TOPページ
プロローグ安曇野の四季
安曇野の自然「地形と地質」
安曇野の山菜
安曇野をバイクで走ろう
北アルプス登山情報
安曇野のキャンプ場
安曇野釣り情報
安曇野のスポーツイベント
安曇野のキノコ
安曇野の酒
安曇野のミュージアム
安曇野グルメ情報
安曇野の温泉情報
安曇野周辺のスキー場
薪ストーブのある暮らし
 写真集
 リンク集
 管理人プロフィール
 管理人へのメール
ヘリコプターの旅
リンク・相互リンク募集について
Copyright (C) 自然と癒し!信州安曇野の旅  All Rights Reserved
当サイトはリンクフリーです。当サイト内の写真・文章・デザインの無断転載はご遠慮願います。