南岳

サイトマップ
自然と癒し!信州安曇野の旅

南岳の旅

TOPページ北アルプス登山情報白馬登山ヘリコプターで北アルプスを望む八方池から白馬三山を望む立山黒部アルペンルート(雪の大谷)新穂高ロープウェイ東鎌尾根を通って(表銀座1日目)東鎌尾根を通って(表銀座2日目)東鎌尾根を通って(表銀座3日目)東鎌尾根を通って(表銀座4・5日目) >晩秋の涸沢(テント泊1日目)晩秋の涸沢(テント泊2日目)>晩秋の涸沢(テント泊3・4日目)>憧れの槍・穂高縦走(1日目)>憧れの槍・穂高縦走(2日目前編)>憧れの槍・穂高縦走(2日目後編)憧れの槍・穂高縦走(3・4日目)>紅葉の天狗原(1・2日目)紅葉の天狗原(3・4日目)
              

憧れの槍・穂高縦走(2日目前編)

槍ヶ岳山荘から南岳小屋まで


 さあ、二日目は待望の大キレット越えです。長谷川ピーク・飛騨泣きと無事に越えられるでしょうか。心がめげないか、体力は大丈夫か本当に不安でした。天気は心配ないくらいの晴天です。特に天気予報でも午後不安定になるという情報もなく、ゆっくり行っても大丈夫そうだ。しかし、槍ヶ岳から南岳まで5時間くらいかかってしまった。午後の大キレット越えになってしまった。前日も5時半頃槍ヶ岳山荘に着くなど、非常識な山行となっている。今日もこのまま行くと北穂高小屋につくのが5時近くなってしまう。天気を祈るしかない一日になってしまった。
 スポンサードリンク

【槍ヶ岳山荘出発 AM 7:30】

 振り返れば槍ヶ岳が見えます。今日も天気は最高です。右上の写真が大喰岳です。まずはそこを目指して出発です。途中、日本一高い峠、飛騨乗越があります。槍ヶ岳山荘のテン場をゆっくり下り、10分もしないうちに、飛騨乗越です。

【飛騨乗越 AM 7:40】

 しばらく下ってきたら、飛騨乗越に着きました。ここは、槍平から登ってくる道との分岐点です。振り返ると、槍ヶ岳が見えます。朝空の中の槍ヶ岳、すがすがしい眺めです。ここでは休まず先を急ぐことにしました。


【大喰岳 AM 8:17】

 槍ヶ岳から、およそ1時間ちょっとで大喰岳に着きました。ここからの槍ヶ岳は、頂上の傾きが微妙に右に傾き、趣が違っていました。天気がものすごく良いので、360度のパノラマが見事でした。次は中岳です。気持ちの良い縦走です。稜線上は広く、二重山稜になっています。舟窪地形とも呼ばれ氷河地形の名残だそうです。


【中岳への登り AM 8:50】【中岳登りの梯子 AM  9:08】

1時間ほど、景色を見ながら登ってくると、梯子が見えてきました。この梯子を登り、中岳の頂上を目指します。ストックをしまいさあ、梯子を登ります。恐くはありませんでした。気持ちのいい稜線が続きます。後もう少しです。


【中岳 AM  9:10】

 しばらく、稜線を楽しみながら登ると、中岳の頂上に着きました。3人とも元気です。まだまだ 体力は大丈夫です。私だけ心配ですが。中岳からの下りですが、地震があってから雪渓の右をまいて下ります。以前の左側からの下りは禁止になっています。下ると水飲み場があります。とても冷たくおいしくいただきました。


【水飲み場 AM 9:45】

 さあ、ここから南岳に向かってゆっくりと登っていきます。ちょっとした岩稜帯をトラバースしますが、恐くはありませんでした。下の写真がトラバースの場面です。


【岩稜帯をトラバース AM 10:13】

 南岳まではもうすぐです。大キレットが恐い人は、しばらく行ったところに天狗原分岐点があります。ここから天狗原(氷河公園)に向かって下る道があるのです。南岳頂上まであと少しです。


【天狗原分岐点 AM 10:22】【南岳頂上 AM 10:49】

 眼下に南岳小屋が見えてきました。その向こうには、これから行く大キレットがひかえ、北穂高岳がそびえています。今日は、北穂高岳にある北穂高小屋まで行きます。天気は心配なさそうです。心配なのは自分の体力です。現在11:10です。南岳小屋でお昼を食べて遅くも12:30までには出発しないといけない。また、午後行動するという無謀な行動になりそうだ。

コンテンツページ
TOPページ
プロローグ安曇野の四季
安曇野の自然「地形と地質」
安曇野の山菜
安曇野をバイクで走ろう
北アルプス登山情報
安曇野のキャンプ場
安曇野釣り情報
安曇野のスポーツイベント
安曇野のキノコ
安曇野の酒
安曇野のミュージアム
安曇野グルメ情報
安曇野の温泉情報
安曇野周辺のスキー場
薪ストーブのある暮らし
 写真集
 リンク集
 管理人プロフィール
 管理人へのメール

今回の装備品


今回は、岩稜帯の縦走ということで、いかにコンパクトにまとめるかが苦労しました。それでも、仲間と比べて重くなってしましました。                       

ホログロフスのマトリックス30

 昨年はドイターの42を使っていたのですが、さらにコンパクトということで、マトリックス30にしました。今回3泊4日でしたが、小屋泊まりということで、30Lで十分でした。  

CAMPのヘルメット


LEKIのトレッキングポール

今まで使っていたものは、締め付けるのにポールを回すものだったのですが、今年はその部分がカチッと止めるようになっています。大分簡単で便利でした。涸沢でゴムキャップを付け忘れたら、指導員の方に、自然が痛むのでゴムキャップ付けましょうと言われてしまいました。気をつけたいと思います。すみません。                

登山靴;シリオ 

穂高駅前のバックカントリー穂高さんで購入しました。昨年他店で購入した靴が合わなくて、相談したところ、しっかりと足を測ってくれて、選んでくれました。今回のサイズは3E+でした。昨年購入したのは3Eでした。昨年できた親指と人差し指の間の豆が今年は全く出来ませんでした。バックカントリー穂高さん感謝です。しかも、大キレットの注意点など詳しく説明してくれて本当に助かりました。                  

登山靴お手入れセット

これも、バックカントリー穂高さんから購入しました。靴の手入れの仕方も教わり、つやつやの靴になりました。感激です。やり方はバックカントリー穂高さんのYOUTUBE動画を見ると詳しく説明されています。もし共有が可能になっていれば、ここに、のせられるかと思います。              

キャップ・バンダナ・ネッククーラー


フェイスタオル・汗ふきタオル

コンパクトにこだわって、汗ふきタオルもザックにぶら下げておけて、握り拳の半分くらいに小さくたためます。また、左の黒いフェイスタオルもコンパクトで、しかもこの商品はDeolは、汗のにおいを消してしまう性質があります。                   

CAMPとモンベルの革手袋


憧れの槍・穂高縦走(1日目)  

憧れの槍・穂高縦走(2日目前編)
 
憧れの槍・穂高縦走(2日目後編)

憧れの槍・穂高縦走3・4日目)
 
憧れの槍・穂高縦走の旅
リンク・相互リンク募集について
Copyright (C) 自然と癒し!信州安曇野の旅  All Rights Reserved
当サイトはリンクフリーです。当サイト内の写真・文章・デザインの無断転載はご遠慮願います。